野菜にナイフは使わない

表参道のフレンチでカトラリーセットがあるからと、前菜やメインの付け合わせの野菜をナイフで切って食べていませんか。野菜をナイフで切る食べ方は正式なマナーではタブーです。野菜は食べやすいように表参道のフレンチのシェフが一口大に切っています。切り口はスパッとしていて美しいです。それをナイフでゴシゴシ切ると野菜がくたっとします。味にはほとんど変化がないかもしれませんが、料理は目で食べるものでもあります。美しさにもこだわりたいです。野菜を食べるときはフォークの腹にのせます。グサッと刺さないように。このとき、フォークは右手で持ちます。

使わないナイフはお皿の上の方に刃を自分側にしておきます。ナイフを使って野菜を寄せ集めないようにしましょう。下品に見えて一緒に食べていて不快な思いをさせます。表参道のフレンチ食べる事ができる野菜のテリーヌはナイフで一口大に切って食べます。細かく切るとボロボロこぼれてとりにくいので、必要以上に小さく切らず食べやすいようにしましょう。ゆでてある野菜はボロボロしやすいので、細かくし過ぎないように注意が必要です。

Comments are Disabled